2011年07月12日

朝のコーヒーでエンジン全開!

朝は優雅に迎えたいよね。
そんな私にとって、大事なのはゆっくり過ごすコーヒータイム。

もちろん、コーヒーの中身にもこだわりたいよね。
インスタントコーヒーなんてナンセンス。

私としては、ワンランク上の珈琲をチョイスしたいね。
というわけで、御用達にしてるコーヒーショップが土居珈琲


本当においしいコーヒーがお手頃価格で手に入るから、とっても
有難いお店なんだよね。


友だちの紹介で知ったんだけど、私の周りにももちろん
教えてあげてるよ。

ぜひ一度試してみてね!
posted by 美容マニア at 10:27| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

FXについて

 FXというと「簡単に儲かりそう」というイメージがあるかもしれませんが、とんでもないお話です。ただ、儲けることがとても難しいか?と言えば、しっかりと勉強して練習すれば利益を出すことはできるようです。ただし何の準備もせずに、明日から取引をしてもどんどん儲かるというものではありません。

 そして、100%の勝ちというものはありません。FXは投機ですから、勝ったり、負けたりします。勝ったり負けたりしながらトータルで利益を出せれば良い、と思えれば良いのですがなかなかそういう考え方にはならず、ギャンブル的な発想になってしまう人が多いみたいです。

 でもギャンブル的な投資になると運不運になってしまいますので、利益を出すより損失で終わる方が多くなります。ですから、すぐに儲けるんだということではなく、勉強しながら徐々に利益を出せればいいやと思える人が最後には生き残るのかもしれません。

posted by 美容マニア at 21:32| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

FX取引を無理なく続ける方法

 「無理のない」取引を実践するには具体的にどうしたらいいのでしょうか。リスクを想定しつつ資金を有効に使うには、プロのトレーダーのお話がヒントになりそうですが、話を聞いてみると皆一様に、取引を行う前に具体的な「ルール」を作っているといいます。ルールとは「いつまで」に「いくら」の目標収益を達成するために、1日に何回程度取引をして、1回当たりどのくらいの収益を目指すか、また、どのくらいの損失までなら許容できるか決めておくということです。

 さらに取引の際の利益確定と損切りラインを、例えば2:1にするなど(例:1円プラスになったら利益確定をし、50銭マイナスになったら損切りのように)ルールを決めておきます。このように、自分がどういう取引をするのか具体的に頭に入れておけば、いざ取引を始めた時に無駄な迷いを排除するのに役立ちますし、失敗した場合にも早く軌道修正することができます。同時に、必要な資金も計算することができます。

 そうはいっても「今回はもう少し待っていれば相場が回復するかもしれない」などと自分に都合良くルールを変えてしまいたくなるのが人情というもので、なかなか決めたとおりに実践するのは難しいかもしれません。ただ、やみくもに取引をするのとはじめにルールを決めて取引を行うのとでは、結果は違ってくるでしょう。

 最後に、FX取引を続けている方には、単に「もうかった」「損した」だけではなく為替のニュースやチャート分析から次の動きを予想し、自分の分析結果が正しかったかどうか、それ自体を楽しむことが醍醐味という場合もあります。

 FXは世界共通ルールで取引されている数少ない商品であり、世界の政治、経済などのさまざまなニュースとつながっているグローバルな商品です。せっかくFX取引をするのなら、そのダイナミズムを楽しんで、為替の背景にある世界の出来事に注目してみると、新聞の読み方にも自ずと変化が生まれてきます。FX取引を通じて、ニュースへの鋭い分析力、洞察力を培い、毎日のお仕事にも役立てることが賢い投資家の理想であるかもしれません。

posted by 美容マニア at 16:53| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

25歳会社員のほったらかしFX

 FX(外国為替証拠金取引)はいまや代表的な投資商品といってもよい状況です。しかし、なかなか利益が出せないトレーダーが多いのも事実。そんな中、約1年で資金を3倍にした投資家がいるそうです。サラリーマントレーダーのトラリピ犬さんという方です。しかも、ほとんどほったらかしの状態でOKなんだそうです。その投資法とはいかなるものなのか、取材しました。

 トラリピ犬さんは現在25歳で社会人2年目のサラリーマン。2009年10月に始めたFXで元手150万円が約550万円まで増えた、という実績の持ち主です。しかもトレードに使う時間は1週間にたった10分だけだそうです。

「最初に設定したあとは基本的にほったらかしで、週に1度、注文が成立したかどうかチェックするだけなんです。高度な分析も必要ありません。なかなか信じてもらえませんけどね(笑)」 

 FXは経済指標をマメにチェックしたり、チャート分析を一生懸命やってもなかなか勝てないのが普通です。それがほったらかしで資産を増やせると聞いても、なかなか信じられないのも無理はありません。

 その驚異的な投資法はどんなものなのだろうか。 トラリピ犬さんが利用しているのは、マネースクウェア・ジャパンだけが提供している自動発注機能「トラップリピートイフダン」、通称「トラリピ」です。

 最初に売買の条件を設定して罠(トラップ)を仕掛けておけば、自動的に新規注文と利益確定が行なわれる仕組みです。一度利益確定が行なわれても、条件が揃えば何度でも新規注文と利益確定が繰り返されるのです。トラリピ犬さんは豪ドル/円の通貨ペアをメインにしていますが、例えば「1豪ドル=買って、50銭上がったら利益確定をする」という設定をします。その場合、為替が1豪ドル=80円なれば自動的に新規発注が行なわれ、80円50銭になれ確定されます。同じレートになれば何度でも新規注文と利定が繰り返されるのです。 

 ただ、注文が1本だけではなかなか罠にかかりません。そこでトラリピでは、同じ仕組みの注文を一定間隔で10本、20本と設定しておくことにより為替が変動するたびに、コツコツと為替差益が積み重なっていくというわけです。

 設定は「買い」と「売り」のどちらもできます。「豪ドルも最初は『買い』だけで実践してのですが、昨年の2月に『売り』も組み合わせるようになってから利益が増えました」 

 ただし、「売り」の場合はスワップポイントを支払う必要があり、保有期間が長くなるとリスクが大きくなります。トラリピ犬さんは「買い」は50銭刻みで新規注文をいれているのに対し「売り」は1円間隔にしているそうです。保有本数を「買い」2に対し「売り」1にすることで、スワップポイントの支払いが膨らまないようにしているのです。

 さらに南アランドの「買い」も組み合わせています。「豪ドルはメジャー通貨でありながらスワップポイントが高いことと、値動きが比較的大きいのでトラリピが成立しやすいので選びました。南アランドは、高いスワップポイントが魅力ですね」

 その結果、多い月は60万円を超える利益を出しているそうです。平均しても1か月で20万円前後の利益です。それでも、ほったらかしといってもFXに関する知識は、初心者の投資家にはできませんね。どういったシステムを利用するかの選択も大切なことですね。
posted by 美容マニア at 06:58| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

エース交易の店頭FXサービス「エースでねらえ! FX」、6月末で終了へ

 エース交易は4月28日、同日開催の取締役会において、店頭外国為替証拠金取引「エースでねらえ! FX」のサービス終了及びヒロセ通商への顧客口座移管を決議したと発表した。

 エース交易は、2008年9月から店頭外国為替証拠金取引「エースでねらえ! FX」の取扱いを開始。だが、今回予定されているレバレッジ規制のさらなる強化などにより、「安定事業としてのサービス継続が困難である」(同社)との判断から、2011年6月末をもって同サービスを終了することにした。

 また、顧客が取引の継続性を確保できるよう、投資家保護の観点から、希望する顧客には、ヒロセ通商への口座の移管を実施する。

 これにより、エース交易の外国為替取引事業は、取引所為替証拠金取引「エース365」に一本化、「経営リソースの集約を図ることで、さらなる業績向上を推進していく」としている。




[マイコミジャーナルニュース]より



 店頭FXから取引所FXへというのは、一つの流れなのでしょうか?顧客のみならずFX業者も取引所FXにシフトしているとは知りませんでした。
posted by 美容マニア at 15:41| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

2月の有力FX企業16社の預かり残高

 矢野経済研究所はこのほど、2011年2月分の「有力FX企業16社の月間データランキング」の結果を公表しました。

 同社が国内有力FX企業の預かり残高、口座数、月間取引高の状況を調査しているもので、社名または数値の公表を前提として協力を得られた16社が対象となっています。

 調査期間は2011年3月で、矢野経済研究所の専門研究員がe-mailによるアンケート調査を行ったものです。

まず、2011年2月末の有力FX企業14社の預かり残高の合計は4107億円で、前月比2.41%増となったようです。外為どっとコムなど月間10億円超の増加となっている企業がある一方で、全体では増加に鈍化傾向が見受けられる結果となっているようです。

 月間ランキングの第1位は外為どっとコム、第2位はセントラル短資FX、第3位はマネーパートナーズで、前月比で増加率が最も高いのはプラス5.47%のDMM.com証券となりました。

 続いて、2011年2月の有力FX企業15社の口座数は合計で207万口座となりました。前月比では0.03%の増加です。

 このうち、第1位の外為どっとコムは52万6970口座、第2位のマネーパートナーズは15万7862口座、第3位のGMOクリック証券は15万0191で、前月比で最も増加率が高い企業はマネースクウェア・ジャパンの3.72%でした。

 最後に、2011年2月の月間取引高を見ると、有力FX企業14社の合計で69兆円(百万通貨は1億円として換算)となり、前月比では9.87%の減少で、多くの企業で月間取引高が減少した中、FXプライムだけが前月比で増加しています。

 取引高ランキングの第1位はDMM.com証券、第2位はGMOクリック証券、第3位はマネーパートナーズとなっています。

 今後は震災の影響がFX取引にどのように作用してくるか数字が注目されますね。




 

posted by 美容マニア at 08:06| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

証拠金とレバレッジは諸刃の剣

 証拠金に「レバレッジ」をかけることで、資金効率を高めることができるのですが、逆に為替が予想と違った方向に動けば損失は大きくなります。

 このように、レバレッジは大変便利なツールですが、特にこれからFXを始めようと考えている人は、最初は低めのレバレッジで、小さな取引単位から始める方がいいですね。いきなり全資金を投入して最大レバレッジをかけた一発勝負のような取引をすれば、あっという間に資金が尽きるかもしれません(さすがに、そんな人は少ないと思いますが……)。

 FXの取引は、継続的に取引することで利益を積み上げていくものですから、くれぐれも証拠金に対して余裕を持った取引を続けていただきたいと思います。レバレッジを利用した取引に慣れるまでは、FX会社が提供しているデモ口座を利用されるのもいいかもしれません。本口座同様のレートを使った仮想資金での取引を、無料で体験できる会社もありますので、活用しない手はないですよね。

 なお、利用できるレバレッジはFX会社によって異なりますが、2010年8月の法改正により、国内の個人投資家向けのレバレッジの上限は50倍となり、今年の8月からは25倍まで引き下げられます。注意しておきましょう。
posted by 美容マニア at 09:02| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

FX損益状況調査

 円買い圧力を吸収し、景気にプラス効果をもたらしてきた面もあるFXですが、投資家は儲かっているのでしょうか?

 2009年の顧客の損益状況に関する業界の内部調査の結果を見てみましょう。各社の個人向け稼働口座のうち損失が出た口座の比率を集計しました。最多は「60%以上70%未満」という業者で全体の32%。次に多かったのが「70%以上80%未満」で25%。これらに「80%以上」を合わせると6割を超えます。

 大手業者為替どっとコムが口座保有者に2010年中の取引について聞いた結果で、「収益があがっている」は23.0%だそうです。「儲かっている顧客は1割程度」という大手業者社長もいるそうです。

 儲かる人は「2割」というのが実情のようです。
posted by 美容マニア at 19:06| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

豪ドルFX「高金利」うまみで人気 

 外国為替証拠金取引(FX)で、日本の個人投資家による豪ドルへの人気が高まっている。東京金融取引所(金融取)が運営するFX「くりっく365」で、2010年の豪ドルの年間売買高が米ドルを抑え、初めてトップとなった。鉄鉱石や石炭など豊富な資源や、豪政府の高金利政策が個人投資家を引きつけている。しかし、昨年末以降の洪水被害がリスクとして浮上。今後も投資熱が続くかは微妙な情勢だ。

 くりっく365の10年の年間取引をみると、豪ドルと日本円の通貨取引は前年比92.6%増の3427万2436枚(1枚は1万通貨=1万豪ドル)となり、05年の運営開始時から首位だった米ドルと日本円の通貨取引(36.4%増の2755万1634枚)を上回った。くりっく365全体の10年の通貨取引は55.8%増の1億993万5079枚。07年に比べると約3.3倍と大幅増だが、豪ドルと日本円の通貨取引は約5倍と全体を大きく上回る急増ぶりだ。

 個人投資家の外貨購入を加速させたのは、昨夏以降の急激な円高だ。世界の金融関係者の間で「ミセス・ワタナベ」と総称される日本の個人投資家が米ドル買いを加速し、市場を動かしたことが昨年話題となった。

 一方、政策金利が昨年4回にわたり引き上げられて4.75%となったオーストラリアは、低金利政策を続ける米国に比べ、日本との金利差による利益が一層期待できた。このためミセス・ワタナベは米ドルだけでなく豪ドルを積極的に購入。年間では米ドルを上回った。

 ただ、オーストラリアでは昨年末以降、記録的な大雨による大洪水で農場や炭鉱、道路、鉄道が被害を受け、資源の輸送に一部支障が出ており、関係者は経済的損失を50億豪ドル(約4100億円)以上とみている。

 12日は1豪ドル=82円台前半と前日とほぼ同じ水準で推移しており、洪水による影響は見られないが、日興コーディアル証券国際市場分析部の松本圭史課長は「豪ドルにとってネガティブ材料」と指摘しており、ワタナベにとって試練となりそうだ。



[フジサンケイビジネスアイニュース]より



 オーストラリアドルに旨味がありそうですね。もっとも、ネガティブな要因もありそうですから、いつまでもオーストラリアドルというわけにもいかないのでしょう。その見極めも投資家の腕の見せ所と言えそうですね。
posted by 美容マニア at 18:23| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

2010年FX売買、個人投資家が選ぶ「通貨」が広がる

 外国為替証拠金(FX)取引で、オーストラリア(豪)ドルが人気だそうです。2010年の東京金融取引所のFX取引「くりっく365」の売買(取引数量)は、1億993万5079枚(1枚は1万通貨単位)に達しましたが、このうち、「豪ドル・円」の組み合わせ(通貨ペア)は3427万2436枚で、前年に比べて92.6%増えました。米ドルの取引数量を抜いてトップです。

 東京金融取引所によると、FX取引が全体的に増えるなかで、通貨ペアの選択肢も広がっているとのことです。2010年の通貨ペアごとの取引数量をみると、「ユーロ・米ドル」が前年に比べて229.1%増の365万4987枚と急増しています。以下、「スイスフラン・円」が101.2%増の36万8567枚、「ユーロ・円」が100%増の1992万1565枚、「カナダ・円」が98.4%増の92万7926枚と続きました。

 一方で、09年と比べて取引数量が減った通貨ペアはなく、12月単月でみても、「スイスフラン・円」(前年同月比611.2%増)や「カナダドル・円」(203.9%増)、「ニュージーランドドル・円」(163.1%増)といった通貨ペアの取引が活発です。ある市場関係者は、「『ユーロ・米ドル』の動きが大きいように、世界的に取引が活発な、流動性の高い通貨ペアに資金が流れる傾向にあるが、通貨ペアの選択肢が増えたのは個人投資家がだいぶ研究していることの証でもあり、また前向きにリスクをとろうという姿勢がうかがえる」と話しています。




塩美人
posted by 美容マニア at 08:29| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。