2009年08月17日

FX取引への取り組み方

 プロの為替ディーラーでも見極められない相場ですから、必勝法などというものは存在しません。ギャンブルに絶対はないというのと同じです。
 
 トリッキーな手口や、マーケットトレンドの裏をかこうとするような売買は、短期的には成果を上げることがあっても、長い目で見れば、負けてしまいがちです。FXでは勝った取引よりも、負けた取引の方が金額が格段に大きくなる傾向があります。何度かもうけを積み重ねても、たった1度の大損で、それまでのプラス分を一気に吹き飛ばしてしまうどころか、市場から退場せざるを得ないほどの痛手をこうむってしまうことが珍しくありません。

 だから、ビギナーは大穴狙いの「ギャンブルトレード」を避けるべきです。市場に参加し続けていれば、取り戻すチャンスが訪れる可能性はあります。何よりも避けなければいけないのは、退場を余儀なくされるほどの大損を出してしまうことです。

 金利収入が期待できなくなった今、長期投資はメリットが感じられません。1日で取引を終えるか、せいぜい2、3日程度でポジションをクローズする短期取引が主体になるのは当然だと思われます。もともと、為替リスクをヘッジする機能を担う性格を考えれば、FXは本来的に短期取引の市場だと言えるのです。

posted by 美容マニア at 16:55| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

FX倍率、来年8月から段階引き下げ

 金融庁は31日、個人投資家に人気がある「外国為替証拠金取引(FX)」の規制強化を来年8月1日から実施すると発表した。預けたお金の何倍の取引ができるかを示す「証拠金倍率」の上限を、現在の無制限から段階的に25倍まで引き下げる。関連の内閣府令は今年8月3日に公布されるが、完全施行までの猶予期間を設ける。倍率の引き下げは来年8月1日から1年間は50倍、平成23年8月1日から25倍とする。

 施行に当たって金融庁が一般から意見募集したところ、700を超す個人・団体から反応があり、反対意見はうち650と大半を占めた。「投資は自己責任が原則」「倍率25倍は低い」などだったが、金融庁は「高い倍率の取引は顧客にとってリスクが高い」として規制に踏み切る。

 一方で、最近は無登録の海外事業者がインターネットで日本語のホームページを開設し、高倍率のFX取引を勧誘しているケースが出てきているという。金融庁は、「トラブルに巻き込まれるおそれがある」として、海外当局とも連携しながら注意を呼びかけている。


[産経新聞ニュース]より


 現在の日本は、自己責任という名の下に、規制を緩和してきました。規制緩和の中で成長している企業もありますが、規制緩和によって不利益を受けている企業もあるのです。特に中小企業などは・・・。日本の現状や将来に不満や不安が生じてくると、規制緩和の是非が問われてきています。FXについても自己責任で行えば問題ないとも言えますが、市場の拡大に伴って、規制することも必要な時を迎えたのかもしれません。
posted by 美容マニア at 09:02| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

大証FXの透明性

 『大証FX』がほかのFXと大きく違うのは、@価格決定プロセスAそれを注文板情報でオープンにしている──という2点にあります。取引そのものは「価格優先の原則」「時間優先の原則」に基づいたオークション方式(個別競争売買)で行われるのですが、それに加え、大証FXでは、流動性の確保のためマーケットメイカー制度も採用しています。

 マーケットメイカー制度とは、大証が指定した証券会社などの取引参加者(マーケットメイカー)がインターバンク市場(銀行などの金融機関が参加している短期金融市場)での取引価格を反映させた売・買の気配を提示して注文に応じる仕組みです。通常のFXでは、マーケットメイカーの買値・売値それぞれのみを提示する方式が一般的です。

 大証FXでは、株式取引の「板情報」と同じように、「買い注文」「売り注文」のそれぞれ上下8本、合計16本の板情報をリアルタイムに公表します。さらに、マーケットメイカーによる最良気配もわかるようになっているのです。

 株式の投資家にとっては、これまで馴染みのある板情報を見ながら取引できるので、FXの取引がより身近に感じられると思われます。さらに、マーケットメイカーを含めてのオークション方式で価格が決定することにもなるので、売値・買値のスプレッド(差)がさらに縮小することもありえるのです。

 つまり、オークション方式+マーケットメイカー制度による新しい価格決定プロセスが、インターネットを通じてリアルタイムで見ることができるわけです。買値・売値の情報だけでなく、注文数や取引の成立状況などもわかるので、投資家にとって、得られる情報量が格段にアップします。

posted by 美容マニア at 09:42| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

FX無登録営業事件で集団提訴

 投資関連会社「オール・イン」(札幌市)による外国為替証拠金取引(FX)の無登録営業事件で、被害者と代理人弁護士が21日、大阪市内で会見し、大阪や兵庫、東京などの31人が出資金など総額約1億1500万円の返還を求める集団訴訟を大阪地裁に起こしたことを明らかにした。

 代理人によると、同社は、月1万8千円の会費を払ったうえで出資すれば10〜30%の運用益を得られると宣伝して会員を募集。資金は海外の電子マネー口座に入金して運用すると説明していたが、昨年秋ごろから運用益の支払いや元本の返還に応じなくなった。

 会員の多くは元本の返還を受けていないといい、会見した兵庫県加古川市の男性会社員(54)は「憤りを感じている。かなり多くの被害者が出るのではないか」と訴えている。

 オール・インをめぐっては、北海道警が20日、金融商品取引法違反(無登録営業)などの容疑で関係先を家宅捜索。道警は2万人から100億円を集めたとみて捜査を進めている。


[産経新聞ニュース]より


 集団提訴で出資金の返還を求めていますが、実際のところ、騙されてしまった現時点では、後の祭りです。自分で運用するにもリスクがあるのに、他人に運用を任せるというのは、投資家のやり方ではありません。よくわからないものには手を出してはいけません。
posted by 美容マニア at 08:50| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

トレイダーズ証券が新取引システム

 トレイダーズ証券は10日から、外国為替証拠金取引(FX)の新たなオンライン取引システム「TRADERS FX」の運用を始めました。

 現行の「ネットフォレックス」「NFXプロ」に比べて操作性に優れており、ワンクリック注文やクイック決済、複数決済の機能を搭載しています。各種照会画面やニュース、チャートなどを同時に複数表示することもできますので、画面のレイアウトも自在にできるようになりました。

 興味のある方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか?
posted by 美容マニア at 09:06| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

FX取引に強まる投機色

 FXは担保として預ける証拠金より多額の外貨を売買できる取引です。東京金融取引所の公設FXは、取引所が取扱会社を選定し証拠金を保管する「安全さ」をうたい、税制上の優遇もあることから個人投資家に人気が出ました。しかし、昨年秋以降の金融危機で取引量は急減、昨年12月の取引量は10カ月ぶりの低水準の261万枚(1枚は取引の最低単位)となったのです。

 投資家を呼び戻そうと金融取は今年2月、証拠金に対する運用の上限倍率を従来の30倍から50倍に拡大しました。4月からは、さらに100倍にしました。その結果、取引量は月約100万枚ペースで増加したのです。4月には677万枚と過去最高の昨年10月の588万枚を抜き、5月も最高水準で推移したのです。

 ただ、運用額の増加は利益が大きい半面、損失も一気に膨らむことになります。安い手数料で投資家を集める取引所を通さない店頭FXでは、さらに高い倍率も扱っており、「700倍を受け付ける業者もある」(業界関係者)のです。

 金融被害に詳しい荒井哲朗弁護士は「リスクの見えにくいFXに高い倍率を容認すると、投資家に重大な損害を与え得る」と指摘します。金融庁も5月に顧客保護を目的に、FXすべての上限倍率を25倍にする規制案を発表しています。2010年夏に50倍とし、11年には25倍に規制する方針です。

 今後の成り行きが注目されます。
 
posted by 美容マニア at 09:46| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

証拠金倍率規制に投資家が猛反発

 矢野経済研究所が5月に個人投資家約2700人を対象に調査したところ、91%の投資家が「20〜30倍」への規制に反対しています。実施されたら「FXをやめる」という投資家は22%に上り、「倍率が低いと資産のある人しか取引できない」などの声が寄せられたそうです。

 FX取引では、例えば10万円の証拠金を預けると、倍率が25倍なら250万円、500倍なら5千万円の取引ができます。倍率が高いと損失も大きくなり、証拠金は瞬時に吹き飛ぶリスクがあります。損失が証拠金の一定額に達すると、強制的に取引を解除し損失を確定させる「ロスカット」の仕組みが設けられていますが、追加の証拠金を差し入れ、損失がどんどん膨らむこともあるのです。

 また相場の乱高下で顧客が被った多額の損失の穴埋めなどで、経営危機に陥ったFX業者もあるのも事実です。

 このため、金融庁は投資家保護の立場から規制強化を決め、5月下旬に引き下げ案を公表しました。

 具体的には、業界の反発に配慮し、当初1年間は現状維持とし、その後1年間は50倍、2年後から25倍に引き下げるとうものですが、どうなるかは予断を許しません。

posted by 美容マニア at 15:06| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

外為オンライン

 スプレッドについて注目してみると、外為オンラインは、ドル円スプレッド1銭でしかも固定という会社です。固定のため安定感があり取引しやすい会社です。トレール注文も可能で、スワップポイントもかなり高い水準で口座数の伸び率が非常に良く、業界2位の口座数とNo1の取引高を誇っているそうです。口座開設後取引開始で5,000円キャッシュバックありますので、取引開始のきっかけになるかもしれませんね。

 実際にFXを始めるためには、スプレッドだけがすべてではありませんが、手数料とあわせた総合的な取引コストの安さというのは、確かな魅力の一つですね。

posted by 美容マニア at 10:35| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

金融庁、FX証拠金倍率で25倍案

 金融庁は21日までに、外国為替証拠金取引(FX)業者に対して、顧客が預けた金の何倍の取引が行えるかを示す証拠金倍率の上限を25倍とする案を提示したそうです。500〜600倍もの取引を受け付ける業者が相次いでおり、投機的な取引を規制するのが狙いです。金融庁は一般からの意見募集を経て金融商品取引法の関係省令の改正作業を進め、夏までの導入を目指すということです。
 この流れは止めることはできないのでしょうが、巨額の利益を得た投資家は反対するのでしょうね。


FX会社

posted by 美容マニア at 10:06| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

外貨投資人気

 08年3月13日、12年ぶりに円相場は1ドル100円の大台を突破し、その後も円高・ドル安の勢いは止まらず、3月17日には一時95円74銭を記録した中、銀行やFX会社では外貨預金残高や口座数が急増しました。背景には安いうちに外貨を買って運用したいという個人投資家の思惑があるりました。
 しかし、サブプライムローン問題に揺れる米国経済の先行きは依然不透明なままです。世界経済全体も大きな打撃を受けており、見通しは決して明るくないのが実情です。

 「こんなときこそ有用なのが、円高・円安のどちらのリスクにも対応できるFXです」と話す経済ジャーナリストもいます。
「05年1月につけた101円台から、07年6月の124円台まで、ドル/円相場は長い間、理想的な上昇トレンドを描いてきました。この間、FXのレバレッジを利用して円売り・ドル買いを行ってきた人たちは、わずか数年で相当な利益を上げることができました。この成功体験から、FX=儲かるというイメージが個人投資家の間に定着。再びやってきた円高・ドル安の底を狙って、大きく儲けたいと考える人がいるのも当然といえるでしょう」
 とはいえ、みんなも買っているし何となく儲かりそう……といった発想で外貨投資するのは 考えものです。
「先のドル高で大きな利益を得た人がいる一方で、そのブームに乗っかろうとした多くの人たちが、その後の急落により大きな損失を抱えました。FXは、はっきりとしたトレンドが出やすいので、その波をしっかりつかむことが大切なのです」ということのようです。
posted by 美容マニア at 09:09| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

スプレッド「1銭固定」の意味

 スプレッド競争の中で、例えば、外為オンライン社でのスプレッド「1銭固定」というのがありますが、どういう意味でしょうか? これは相場が変動しても原則的には1銭のままスプレッドが変わらないことを意味します。

 でも、そこにはさらに注釈が必要で、相場が普通に変動したぐらいだと、スプレッドは1銭のまま動かないのだが、ものすごく相場が変動した場合はスプレッドが広がることもあり得るという話です。外為オンラインのウェブサイトでは、原則1銭固定だけれども、「著しい流動性の低下及び相場急変時においてはこの限りではございません」と説明されているといいます。

 結局、何が起ころうが、絶対完全にいつでも必ずスプレッド固定! というFX会社はないということですね。

posted by 美容マニア at 15:42| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

過去のスプレッド競争

 2008年5月までは、ドル/円のスプレッドが狭い会社というと、「1銭〜」や「1〜3銭」というのが主流でした。

 そんな中で1銭の壁を破り、「0.9銭〜」というスプレッドを提示していたのがFXトレーディングシステムズというFX会社でしたが、「0.9銭〜」でも十分狭いスプレッドを「0.5銭〜」とさらに狭めたのが2008年5月だったのでした。

 次に動いたのは外為オンラインという会社です。6月にドル/円のスプレッドを「1銭〜」から「1銭固定」に移行したのです。

 そして7月頃にはクリック証券、トレイダーズFXなどがついにスプレッド「0銭〜」を打ち出した過去があります(トレイダーズFXはその後、事業休止)。

 収益源がスプレッドであるはずなのに、それをゼロにしてしまったという激しいスプレッド競争が起こったのが昨年夏だったのです。
posted by 美容マニア at 08:24| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

スプレッドってナニ?

 FXの取引コストには、大まかに言って、売買手数料とスプレッドの2つがあります。しかし、売買手数料はいまや無料が主流(取引所取引である「くりっく365」は除く)となっています。では、FX会社がおもにどこで収益を上げているかというと、それが売値と買値の差である「スプレッド」です。

 よくテレビのニュースなどで「為替は1ドル=99.15円〜99.17円で取引されています」などと言っていますが、この99.15円と99.17円の差=2銭がスプレッドなのです。

 もしもこのようなレートの時、投資家がドルを買おうとしたら、99.17円で買えることになり、もしも即座に売れば、99.15円で売れ、1ドルにつき2銭のマイナスになる計算です。1万ドルを取引すれば、200円のマイナスですが、投資家にとっては売買コストとなり、FX会社にとっては収益源となるわけなのです。

 だから、投資家にとってのコストという観点からはスプレッドは狭ければ狭い方がいいということになります。
posted by 美容マニア at 08:28| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

フォレックス・トレード

 ドル/円のスプレッド0.6銭固定! 衝撃の数字を引っさげて、FX業界に登場した会社があります。
 
 ポータルサイト「エキサイト」の子会社として営業していたエキサイトFXは昨年12月に営業を終了し、クリック証券に譲渡されていましたが、それがこのたび、フォレックス・トレードとして生まれ変わりました。同社の営業開始は5月11日ということです。

 この「ドル/円のスプレッド0.6銭固定」というスペックですが、これは実を言うと、7月3日までの期間限定キャンペーンの数字です。ただ、キャンペーンが過ぎた通常時でもスプレッドは0.8銭固定なので、驚異的に狭いスプレッドであることに変わりはないでしょうね。
posted by 美容マニア at 12:52| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

スプレッドの違い

 FXスプレッド1銭の違いは、取引回数と取引数のどちらが多くても負担になってしまいます。通常1万通貨を1単位(1枚)として取引されますから、最小の1枚でも100円にあたります。

 しかし、実際にFXをやっていると5枚ずつ毎日5往復分トレードするとしても(100円×5枚×5回)2,500円も違います。

 最近は手数料こそ無料の業者が増えてきたものの、通常3銭〜4銭程度が普通ですから、その違いが2銭とするとさらに倍で毎日5,000円も結果が違っているということなんです。 スプレッドは僅か1銭の違いでもこれだけの違いがあります。とても重要です。

posted by 美容マニア at 10:31| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

投機について

 投機(とうき)とは、短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為。もともとは禅の仏教用語であり、師弟の心機が投合することを言う。投機を表す英語: Speculationには、思索・推測の意味が含まれている。

 マネーゲーム (money game) の一種とも言われ、広い意味でのギャンブルに含まれる場合がある。

 商取引可能な物であれば、全て投機の対象となる可能性があるが、特に株式、商品、不動産、通貨、債券などは、一定規模の市場(マーケット)があり、広く投機の対象となっている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 昨年は、原油相場が投機の対象になり、振り回された年でしたね。株式が低迷していると、投機の対象がほかに移っていきました。次はどんなものがマネーゲームの対象になるのでしょうか?

posted by 美容マニア at 10:46| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

先物取引、信用取引とCFDとの違い

 一般的な先物取引とCFD取引の違いは取引期限にあります。
先物取引では取引期限が決まっていて、ある一定の期限内に売買を完了する必要がありますが、CFDは業者との相対取引のためこの取引期限を自由に決めることができます。

 そのため、業者によっては特定の期限を設けないところもあるため、期限に縛られないというメリットがあります。

 次に信用取引とCFD取引の違いですが、これは基本的にはありません。日本株の信用取引においては、制度信用取引と一般信用取引と2つの仕組みが存在します。


ETC
posted by 美容マニア at 16:53| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

価格変動リスク

 外国為替証拠金取引の損益は、外国為替レートの変動によるものと、「スワップポイント」の受取りや支払いで生じるものとがあります。「スワップ」には、もともと交換するという意味があって、交換した2つの通貨の金利差をスワップポイント(スワップ金利)といいます。金利の高い国の通貨を買うと、高い金利が貰えるのは外貨預金と似ていますが、外国為替証拠金取引は、仕組み上、通貨を「売る」ことができるので、その場合は金利を支払わなければなりません。これが価格変動リスクといえるでしょう。

ETCカード
posted by 美容マニア at 11:41| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

「第2のFX」に育つ可能性を秘めたCFD

 差金決済取引(CFD)とは、投資資産を実際に保有せず、売買差益や差損に相当する金額だけをやり取りすることから、1日に何度でも取引ができます。1つの口座で、世界中の株式や株価指数、債券、原油などさまざまな金融商品に投資することができ、一定の証拠金を元手にレバレッジ(てこ)を効かせて何倍もの金額の取引ができるのですが、当然、FX同様、損失リスクも伴うのです。

ETC 助成 って
posted by 美容マニア at 19:00| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

ネット証券のFX

 インターネット専業証券が、外国為替証拠金取引(FX)のサービスを拡大しています。金融危機が表面化し、株価は低迷しており、本業である株式委託手数料の収入が激減してしまっているので、収益源の多様化が急務となっているためだそうです。
 カブドットコム証券は、損切りの額をあらかじめ決めておく独自の「逆指値」システムを採用し、相場が予想以上に急変して損が出た場合に、自動的に反対売買を入れて損失拡大を食い止めることができるようにしています。
posted by 美容マニア at 08:46| Comment(0) | fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。