2010年07月24日

クリック証券、取引所為替証拠金取引「くりっく365」資格取得

 クリック証券株式会社は16日、株式会社東京金融取引所より、取引所為替証拠金取引「くりっく365」の取引資格取得申請の承認を受けた。また、取引所為替証拠金取引と店頭外国為替証拠金取引の混同を避けるため、店頭外国為替証拠金取引のサービス名を「FXネオ」とした。

 「くりっく365」では、◆業界最安値水準の手数料(現在未定)◆好みの取引環境や条件でのトレードをサポートする「WebサービスAPI」(今秋から)◆最短1クリックで新規・決済・ドテンいずれかの注文を可能とする「スピード注文」◆外出中における携帯電話でのポジション確認や新規注文を可能とする「モバトレ君アプリ365FX」――などを導入し、利用者の利便性向上を目指す。

 同社は2010年8月2日の取引資格の取得を経て、今後、2010 年8月をめどに「くりっく365」のサービス提供開始に向け、最終的な準備を行う。




[サーチナニュース]より



 取引所FXへの参入が増え続けていますね。完全に業界の流れが取引所へとシフトしてしまうのでしょうか?規制強化後の動きも注目されますね。



キス専用美容液
posted by 美容マニア at 09:12| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

規制がもたらす業界の変化

 いよいよこの8月から、金融庁によるFX業界に対するレバレッジ規制の第一弾として、レバレッジの上限が50倍にまで引き下げられます。2011年には、さらに25倍にまで引き下げられる予定で、400倍も常識だったFX市場に今後どんな影響が出るのでしょうか。個人投資家の投資スタイルはどう変化していくのでしょうか。その影響が懸念されています。

 FX業界は、わずか数年間で急成長した業界です。もともと「FX=外国為替証拠金取引」が日本に出てきたのは、1998年4月に施行された「新外為法」によって、外国為替取引が自由化されたことで証券会社や商品先物会社などが一斉に市場参入したのがきっかけでした。自由に為替取引ができるようになり、しかも差金決済取引による取引が可能となって、少ない資金で大きな取引が可能な証拠金取引が可能になったのです。そして、レバレッジ=てこの原理を利かせて、少ない資金で大きな取引が可能になったわけです。

 ところが、外国為替証拠金取引を規制する法律が存在しなかったため、一部の不届きな業者が強引な勧誘や無断取引、解約に応じないといった詐欺まがいの行為が行われてしまいました。そんなFX業界が大きな方向転換を果たしたのが、2005年7月に施行された「金融先物取引法」です。FXが金融先物取引法の対象商品となり取引業者は金融庁への登録が義務付けられたのです。

 現在、安心して投資ができるFX業者がどんどん出てきて、しかも高度な投資ツールを格安のコストで提供してくれています。加えて、日本の個人投資家の大半は将来の円安を見越して投資する人が多かったため市場環境も非常に良かったといえます。

 FX取引は、10年前にはなかった業態であり、存在しなかった資産運用の方法です。確かに2005年以降、法整備がされて爆発的に急成長して、投資家の数も増えました。しかし、それでもまだまだFXの魅力を知らない投資家は数多いともいえます。そういう意味では、この8月以降に始まるレバレッジ規制というのは、FX取引がさらに安心して取引できる市場に生まれ変わるチャンスともいえるようです。

 FX業界というとレバレッジの高さが象徴のようになっていたのは事実ですが、逆に言えば「FX取引」を知らない人からすれば、レバレッジがハイリスク・ハイリターンの「怖い相場商品」といったイメージを植え付けていたのも事実です。これまでFX市場に参入していなかった投資家を誘導できるチャンスということもいえそうです。



クリスタルピンク



 
posted by 美容マニア at 19:16| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

FXCMジャパン、『シストレステーション』をリリース

 オンライン外国為替証拠金取引サービスを提供する、株式会社FXCMジャパン(以下、FXCMジャパン)は、2010年7月12日(月)から新商品『シストレステーション』をリリースする。

 「シストレステーション」は、従来の完全自動システム取引プラットフォーム「FX system selector(愛称:ラクチンFX)」の特長である「プログラミング不要」、「24時間自動売買が可能」を継承しているだけでなく、リアルタイムでシステムを評価する機能などシステム検索機能を大幅に拡充したほか、動作速度や画面一覧性を大きく改善した。

 また、24時間休むことのない外国為替市場で、自身の運用目的にあったシステムをスピーディに検索し、チャンスを逃さず取引を可能とするFXサービスとなった。

 シストレステーションは、◆T―Score(取引システムのパフォーマンスのスコアリング)◆24時間自動売買◆充実のパフォーマンスデータ◆分かりやすい運用状況――などの特長を持つほか、過去の勝負がチャート上で見られる分析ツール「シストレアナライザー」(利用無料)や、オフィシャルサイト、週1回配信の無料メールマガジン「シストレ de FX」などで、FX取引を強力にサポートする。



[サーチナニュース]より



 ここに来て、各社システムの改良・使い勝手の向上などが盛んになってきている気がしますね。価格競争に加え、システム増強に伴うコストアップは、中小業者に対抗できないところまで行き着きそうですね。


ヌーディーオーラ
posted by 美容マニア at 09:51| fx スプレッド 比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。